インド人が教える本格ラッシーの作り方

インド料理専門店である当店に来られるお客様でラッシーに興味を持っていただいた方から 「ラッシーって何?」 「ラッシー作り方ってどうするの?」 「本場インドの本格ラッシーって日本とは違う?」 などの多くの質問頂きます。



そこで今日は、

ラッシーは何でできているか?(ラッシーって何)

本格的なラッシーはどうやって作るの?


この2つについてインド人の私からお話しします。(日本語上手いですね。と言われますが日本に来てもう30年です。変な日本語があっても優しい目でご覧ください)

1.ラッシーって何? ラッシーは何でできているか?

ラッシーは本場インドにおいて、チャイと並んでカレーに欠せない定番ドリンクです。


主にインド料理店で味わえるので、飲んだことある方は多いのではないでしょうか?


よく日本人は、「ラッシーって牛乳で、できてるんでしょ?」と勘違いしてる人が多いのですが、実はラッシーっは ヨーグルトだけでできています。


お店によって日本人好みのラッシーにするためにヨーグルト牛乳で作ることもありますが、本場インドの家庭で牛乳は、ほとんど使いません。



ラッシーを作るのに、ヨーグルトと牛乳を使うところはレストランだけですが、私からすると、レストランにあるラッシーはちょっと味が濃く、甘すぎると感じます。


本格ラッシーをを知る人からすると、ラッシーを牛乳で作って飲むとお腹が少し重くなるかもしれません。


牛乳で作るラッシーはラッシーというよりもミルクシェークの味に近い感じになります。


なので、もしラッシーを作るとなったときには ヨーグルト と  で 作るのをおすすめします。



夏の暑いときに水で作ったラッシーはとてもおいしいです。


牛乳で作るラッシーよりも軽くて飲みやすいですし、体を冷やしてくれます。


本格ラッシーは ヨーグルトと水なのは分かった。


次は、インド人が教える本格ラッシーの作り方をお話しします。





2.本格ラッシーの作り方:砂糖味(甘い味)と塩味(塩っぽい味)


まず水を使ったラッシーの作り方はとても簡単です。


ラッシーにはいろんな味ありますが、今日は砂糖味と塩味のラッシーの作り方をお話しします。


ちなみに驚かれるかも知れませんが、インド人が飲むラッシー味のほとんどが塩味です。


インドは「ラッシーって言ったら塩でしょ!」という風に思う人が結構います。


どっちの味も作るにも大きい違いはそこまでありません。



【本格ラッシーの作り方】

本格ラッシーの作り方ですが、1人分のラッシーを作る場合、テーブルスプーンで2杯分ヨーグルトをコップに入れてその上から砂糖小さじ半分、塩も同じく小さじ半分を入れます。


もし塩味を作る場合は、黒コショウを入れてみるともっと美味しくなるかもしれません!(私は個人的には黒コショウ派です) 砂糖、または塩を入れたら、ヨーグルトとよく混ぜてからコップ半分を入れて、さらに良く混ぜてください。


これで完成です。(簡単すぎですみません)



【本格ラッシーを2~3人分作るとき】

もしラッシーは2~3人分作りたいときの分量を参考でご紹介します。


800mlのコップにヨーグルトを200ml入れて砂糖、もしくは塩を入れてよく混ぜ、そこに水600mlを入れてさらに混ぜれば、インド人が教える本格ラッシーのできあがりです。


インド通を出したいときは、ぜひ、塩味のラッシーに黒コショウ!!ぜひお試しください!!



【本格ラッシーを作るときの混ぜ方】

ラッシーを混ぜる際にも、ポイントがあります。 ミキサーを使って混ぜる方法などもありますが、私たちインド人は本格ラッシーにしこだわり混ぜております。


その方法は、コップ2つを用意し、右から左、左から右へと高い位置からコップに移し、徐々に泡立つように混ぜます。


大きな入れ物に入れて、シェイクしても同じように泡立ちながら混ざりますが、あえて本格的なラッシーを作り方から真似したい方は、ぜひ、この方法でやってみてください。




そして、埼玉の川越、日高、狭山、鶴ヶ島など周辺地域にお住まいの方は、本格ラッシーがどんなものか気になる方は、ぜひ、当店へお越しください。


ブログで本格ラッシーの記事を読みました!!と言っていただけたら、常連さんに大人気に本格濃厚マンゴーアイスをプレゼントいたします。